読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(新)伏見顕正の「時を斬る占いブログ」

占いで、スマップ、嵐、ジャニーズ、アイドル、芸能人、政治家、有名人、著名人、経済人、王族、皇族など旬の人を四柱推命で斬るブログ。人の命運、命式をよめば、国や組織の命運も見えてきます。お楽しみください。

スポンサーリンク

アンジェリーナ・ジョリー 特殊な性的嗜好を持つ大物女優

海外女優・歌手・モデル

2009年3月20日

アンジェリーナ・ジョリー

特殊な性的嗜好を持つ大物女優 

f:id:fushimiakimasa:20161104114937j:plain

皆さんお元気ですか?

今日は春分の日、昔流に言うと“お彼岸のお中日”です。

“暑さ寒さも彼岸まで”と言います。

もう冬とはお別れです。

 

ニュース速報によると、検察は民主党の小沢代表に対する参考人聴取を取りやめる方針のようです。 

意固地になっていた検察もいよいよ、敗戦処理に着手せざるを得なくなったようです。

結局、政治資金収支報告書の記載間違い(それも小沢事務所サイドには責任の無い)と言う形式犯で終わります。

 

大久保秘書は、不起訴、悪くとも起訴猶予で終わるでしょう。

勿論、小沢氏も民主党代表として、今後も続投で、政権交代に向かって邁進してゆくでしょう。

3月25日以降は、攻守所を変えて、民主党の自公政府に対する大反撃が始まるでしょう。

そして、5月には、麻生政権にとって、予想だにしないピンチが訪れて、麻生総理は、総辞職か解散総選挙のいずれかを選択せざるを得なくなると思います。

 

さて、今回はハリウッドセレブを斬るシリーズで、素材は、先月、パートナーのブラピと生まれたばかりの双子のベビーを連れて来日したアンジェリーナ・ジョリーです。

f:id:fushimiakimasa:20161104115030j:plain

映画「トゥームレイダー」シリーズのララ・クロフト役で売れっ子女優の地位を築いた彼女も、若い頃は、色々と暴走していたようです。

今はすっかり、落ち着いているようですが・・・・

 スポンサーリンク

 

 

それでは、命式を見ていきましょう。

1975年6月4日生まれ

 

     上  中  下    宿命星  十二運  吉凶星

 

年柱   乙  卯  甲  偏財 正財   絶  囚獄 白虎殺

 

月柱   辛  巳  丙  比肩 正官   死 天徳貴人 血刃 孤辰 駅馬

 

日柱   辛  巳  丙     正官   死 天徳貴人 孤辰 駅馬

 

【申酉空亡】

 

【総合所見】

  • 幼少時の家庭環境と孤独を暗示する命式
  • 独特の性的嗜好を持つ
  • ブラピとの仲は不安定

 

  • については

凶星で身内に縁の薄い暗示の孤辰が2個もあります。

彼女は両親とも俳優の演劇一家ですが、両親は幼い頃に離婚して、母親のもとで育ち、相当寂しい思いをしたようです。

 

母子家庭で、生活も豊かではなかった為、子供時代に育ったビバリーヒルズでは、学校でいじめにあい、自己嫌悪から、ナイフで自分を傷つける自傷行為を始めてしまいました。

 

月柱に、怪我や病気で血を見る血刃が有ります。

自傷行為まで血刃の影響とみるかは、意見の分かれるところかもしれませんが、

まさに“血のついた刃=ナイフ”です。

 

孤辰同様、駅馬も2個あります。

駅馬は孤辰と共に有ると「他国で放蕩する」と言う暗示が有ります。

 

そう言えば、アンジーは昨年は、ブラピとともにアメリカを離れて、ヨーロッパのドイツやらイタリアやらに季節ごとに転居していました。

 

セレブ夫婦が見ようによっては、外国で放蕩しまくっているともいえます(笑)

 

年柱に“身動きの取れない状態になる”暗示の囚獄が有ります。

 

彼女は、幼い頃、自分と母親を捨てた父で、俳優でもあるジョン・ヴォイドに深い恨みの感情を抱いていました。

 

成長して、映画「トゥームレイダーズ」で父娘共演を果たしましたが、その後に

自分のミドルネームに残しておいたヴォイドを外してしまいました。

 

長い年月、自分の心を【囚われた状態】にしてきた、父への複雑な思いに整理をつけたのでしょう。

 

K・Yの星の比肩が有りますが、2個の正官と二重干合を形成しているので、K・Yではありません。

 

  • については

月柱と日柱に2個ずつある辛と丙が各々干合を形成して、四重干合を形成しています。

 

これは、「水化(すいか)する」「威制(いせい)の合」と呼ばれ、好色になりやすい【ひたすらSEX好きの干合】です。

 

一組だけでも相当な好色家になるのに、その4倍ですからね。

あの【SEX依存症っぽい】パリス・ヒルトンが「威制(いせい)の合」が二重干合でした。

 

と言うことは、単純に数値化するとパリスの2倍の【SEX依存症】と言うことになります。

 

半端な好き物ではありません(笑)

パリスがクラスター爆弾級の【SEX依存症】なら、アンジーは文句無く核爆弾級の【SEX依存症】です。

 

それにしても、「威制(いせい)の合」の四重干合とは・・・・

 

パリスを見た時に、何か見てはいけない禍々(まがまが)しいものを感じたのですが、上には上がいるものです。

人間、常に謙虚でいなくちゃだめですね(何のこっちゃ(笑))

 

当ブログの開始以来、四重干合はそうそう出てきていません。

女王様モデルの道端ジェシカが【冷血美人の干合】を四重干合していたぐらいです。

 

更に、年柱に偏財と正財が並んでいます。

 

これも今までに散々出てきたので、愛読者様の皆さんは、もうご存じですね?

すぐ浮かんでこない人は“もぐりの愛読者様”です(笑)

 

冗談はさておいて、小室哲哉以来有名になった【妻妾同宮】です。

パリスにもありました。

 

まさに“乱脈な異性関係の極致”です。

この“負のDNA”を持ち、更に核爆弾級の性欲の持ち主です。

 

10代の頃、交際中の彼氏とSEX中にナイフで互いの体を傷つけあう言わば【自傷行為SEX】にはまってしまったそうです。

本人曰く、通常の性行為では満足が得られなかった為だそうです。

 

SMプレイともちょっと違うようですね。

行為の最中にお互いをナイフで傷つけ合い、当然流血しますから、ここでも

また凶星の血刃が姿を現わします。

 

2度目の亭主のソーントンとは、お互いの血液をカプセルに入れて持ち歩いてたそうです。

具体的にどうやって活用したのかな(笑)

兎も角も【年季の入ったアブノーマルSEX】です。

 

調べてみると、アンジーは未だ33歳なのに既にバツ2なんですね。

 

最初の夫のジョニー・リー・ミラーと婚姻中に、ティモシー・ハットンと交際していました。

 

2度目の亭主のビリー・ボブ・ソーントンとの婚姻中には、何と、女優のジェニー・シミズと同性愛に耽ってました。

何とバイセクシュアルもやるんですね~

 

ここで、一つの公式が成立しそうです。

★女性の【妻妾同宮】者はレズビアンの可能性もある。★

 

要するに、婚姻継続中に常に、同時に愛人がいたわけで、その意味では【女版妻妾同宮】を地で行っているわけです。

 

ブラピとのロマンスが発覚した時に、ブラピの前妻のジェニファー・アニストンから非難されました。

 

「アンジーはブラピと最初に共演した時には、もうブラピの子供を妊娠していた」と・・・・

 

当時は未だブラピとジェニファーは離婚していませんから、早い話略奪愛だったんですね(注;アンジーとブラピは入籍せずにパートナーと言う関係)

 

  • について

これだけ、性的には何でもありのアンジーですが、彼女が大物女優の地位をキープしているのは、月柱と日柱に一個ずつ有る天徳貴人の力でしょう。

 

月柱と日柱には正官が一個ずつ有ります。

 

天徳貴人と正官が並び合うと、人徳が出てきます。

彼女が熱心に慈善活動をやったり、養子を盛んに取っているのは、この

【天徳貴人+正官=人徳】の効果だと思います。

 

アンジーの二十八宿は、婁宿です。

痩せ形の美人が多く、眼鏡をかけている女性が、眼鏡を取り、コンタクトにしてバッチリお化粧すると、ぐっと色気が出てくるのが婁宿美人の特徴です。

 

ヒラリーも婁宿でした。彼女も亭主のビル・クリントンと知り合った当時の写真を見たことが有りますが、度の厚い眼鏡をかけて如何にもイケてないガリ勉女学生風でした。

 

その後に、眼鏡を取って、バッチリ化粧をして見違えるように色気が出ています。

 

アンジーもイジメニあっていた学生時代は痩せて眼鏡をかけていたそうですから、この婁宿典型の変身パターンでしょう。

 

現パートナーのブラピは虚宿です。

アンジーとは「危・成の関係」ですれ違い縁です。

二人の間に子供を3人も設けていますが、アンジーの過去の性遍歴を見ると、二人はすれ違い縁だけに、私にはあまり長続きしそうには見えません。

 

非難されたブラピの元女房のジェニファー・アニストンは箕宿です。

意外や意外、被害者ですが、アンジーとは「栄・親の関係」で破壊縁ではありません。

 

寧ろ、ブラピとジェニファーが「安・壊の関係」で破壊縁でした。

近距離であまり害の無い、腐れ縁的な安定関係でした。

ジェニファーがブラピを破壊する方です。

 

WBCのイチローと弓子夫人が同じ関係です。

イチローの項を確認しておいてください。

 

子供もできにくいし、どちらかの裏切りで破局するのが宿命だったのかもしれません。

 

アンジーの今後の女優業と慈善活動での成功をお祈りします。

 

以上