読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(新)伏見顕正の「時を斬る占いブログ」

占いで、スマップ、嵐、ジャニーズ、アイドル、芸能人、政治家、有名人、著名人、経済人、王族、皇族など旬の人を四柱推命で斬るブログ。人の命運、命式をよめば、国や組織の命運も見えてきます。お楽しみください。

スポンサーリンク

【関東連合を斬る】(前)OB大幹部の見立真一は、逃げ切れるのか、捕まるのか?転載フリー

2015年10月01日

関東連合を斬る】

OB大幹部の見立真一は逃げ切れるのか、捕まるのか?

f:id:fushimiakimasa:20170402150203j:plain

皆さんお元気ですか? 今日は、関東連合のOBでその中でも、大幹部、例の「六本木襲撃事件」の主犯の見立真一を斬ります。事件後数日して、フィリピンに向けて出国した記録が残っており、現在も海外逃亡中とみられています。

スポンサーリンク

 


【六本木襲撃事件】とは、
2012年9月2日、午前3時40分ごろ、東京・六本木「ロアビル」2階に位置するクラブ「フラワー」において、来店客であった当時31歳の男性が、金属バットを持って店内に乱入してきた10人ほどの見出し帽姿の男性グループによって袋叩きにされ殺害された。死因は頭蓋骨損傷による失血死または脳幹部損傷とみられた。ほか同席していた友人2名も殴られ軽傷を負うに至った。

事件当時、店内では音楽イベントが開催されており、大音量のなかで200人から300人の客が居合わせたものの、VIPルームでの出来事であったことからほとんどの客が事件に気付かなかった。男性3人・女性2人の計5名とともに酒席にあった被害者を男らは無言で急襲、およそ1分間にわたって集団で一方的に暴行を加えていた。事件後、男らはワゴン車2台に分乗し東京・東大和市方面へ逃走。さらに同市を経由し埼玉県内へ逃走した。


暴走族グループ「関東連合」と他グループとの対立抗争に絡んだ「人違い」により起こった事件とされている。

朝青龍事件」(2010年)や「海老蔵事件」(同)などと並んで、「関東連合」が関与した著名な事件のうちの1つとなっている。

警察庁による新規定「準暴力団」新設(2013年)のきっかけとなった事件でもあった。この事件の一影響として、六本木の街の「勢力図」に異変が生じたとも言われる。

捜査特別報奨金対象事件であり、逃走中の被疑者の逮捕に繋がる情報には300万円の公的懸賞金がかけられている。また有志による私的懸賞金300万円も別に支払われる。


・・・・・要するに【半ぐれ】と呼ばれた、暴走族関東連合のOB達の犯行を、この事件をきっかけに、警察庁が【準暴力団】として「半ぐれ」を規定して、暴力団に準ずる【反社会的勢力】として、暴対法&暴力団排除条例の対象として、関東連合OBを本気で潰しにかかってきていることの証左です。

f:id:fushimiakimasa:20170402150538j:plain

その前に、【関東連合】について触れておきましょう。
教育熱心で有名な、東京都世田谷区、杉並区出身の中高生を中心に結成された暴走族集団他の都内の「族」と抗争を繰り広げて残虐さを恐れられた。「渋谷のチーマー」の制圧が有名。意外にも、世田谷、杉並の普通の家庭の子弟が多かった。

 

暴走族のキャリアパターン(?)としては、20歳で卒業後は、暴力団に入るか、土木関係に進むのが一般的なパターンだが、連中は「暴力団にはいるのはダサイ」という意見で、卒業後も、現役時代からの先輩後輩の関係で、OBとともに、六本木でクラブ関係や、飲食店の経営や、「おれおれ詐欺」などの、知能犯罪で「しのぎ(生活)」をするものが多いという。

この特殊な関係について、「暴力団関係に詳しい」作家の溝口敦氏はこう分析している。

f:id:fushimiakimasa:20170402150648j:plain

「暴対法や暴力団排除条例の影響で、暴力団組員は、銀行で口座が開けない、賃貸のアパートの契約を結べないなど、市民と同じような生活が不可能になった。地方から出てきた組員には、泊まるところが無くて、車の中で生活しているものもいる」

という事でした。

こういう現状を見て関東連合OB達は、暴力団になっても「しのぎ」ができない、そのうえ、組長の運転手をやらされたり、毎月上納金を取られるのは馬鹿らしいと思い、卒業後も、OBとつるんで、「しのぎ」をしているそうです。

要は、暴力団に入らなければ堅気(一般人)なので、暴対法等の規制を受けず、「しのぎ」をしやすかったのです。

 

その「スキマ産業」もこの「六本木襲撃事件」で事実上不可能になりました。事件の数日後、舞台となったクラブの「フラワー」で被害者の入店を確認して、仲間に通報した、元リーダーの石本太一が、別件で逮捕されました。

f:id:fushimiakimasa:20170402151853g:plain

罪名は「詐欺罪」、関東連合OBとして、顔が知れ渡っていて、マンションの賃貸契約が結べないので、他人名義で賃貸契約を結んでいたのがばれて、部屋にいるところを逮捕されました。その時同室していたのが、当時交際中だった、有名モデルの藤井リナで
す。

f:id:fushimiakimasa:20170402150806j:plain

自転車の不法駐車など、日頃から素行の悪かった藤井は、この件で、半ぐれの石本との交際が発覚して、事務所を解雇されました。

f:id:fushimiakimasa:20170402151229j:plain

そして、逮捕された石本は、六本木事件の共同正犯として、再逮捕、別件の傷害事件で再逮捕に次ぐ再逮捕で、現時点では東京高裁で懲役15年の実刑判決で拘留中です。現在、最高裁控訴中です。

石本と言えば、例の2010年年末の「海老蔵事件」の当事者です。海老蔵が灰皿にテキーラを入れて、石本の頭からかける、見かねた伊藤リオンが、海老蔵をぼこった事件です。

f:id:fushimiakimasa:20170402151407j:plain

f:id:fushimiakimasa:20170402151327j:plain

朝青龍と殴り合いをして、鼻骨を折られたのが、クラブ責任者の川名毅で、こちらも、関東連合の古株のOBです。

f:id:fushimiakimasa:20170402152238p:plain

この時は被害者となって、朝青龍を引退に追い込みました。その川名も今年の7月にタクシーの運転手を殴って、現金を強奪、現行犯の強盗傷害で逮捕されています。


さて、「六本木事件」は、2名自首して、事件にかかわった19名のうちの18名が逮捕されています。その中で事件を主導した主犯格の見立真一だけ、事件直後にフィリピンに出国して、今国際指名手配中です。警察も見立の逮捕には力を入れていて、有力な情報提供者には600万円の懸賞金をかけています。オウム真理教の逃亡犯並みですね。

続きます